祭礼

ホーム > 祭礼

祭礼

祭礼概要

麻賀多神社で毎年7月最終日曜日に例大祭が開催されます。

豊作祈願と悪魔払いの祭りとして古くから伝えられ、現在この神社とともに暮らしてきた台方と下方両地区が祭りを運営しています。

例大祭では獅子舞の他に神輿の渡御、山車の引き回し等が行われます。

獅子舞 成田市指定無形民俗文化財

獅子舞 雄獅子 獅子舞 雌獅子

麻賀多神社で毎年7月最終日曜日の例大祭で獅子舞が奉納されます。

獅子舞がいつ頃から始まったのかは不明。言い伝えによると、今から360年ほど前の寛永年間に伊勢の大神楽が、この地に伝えられたとされています。また。亨保8年(1723)の古文書には太鼓を新調したことが記載されていることから、少なくとも300年以上の歴史をもっています。

祭りの当日、獅子舞は麻賀多神社と鳥居河岸の2カ所で奉納されています。

神輿

御神輿 御神輿

山車

神輿のイメージ画像 山車